キヤノン、1,670万画素35mmフルサイズCMOS搭載の最高級デジタル一眼レフ「EOS-1Ds Mark II」 | RBB TODAY

キヤノン、1,670万画素35mmフルサイズCMOS搭載の最高級デジタル一眼レフ「EOS-1Ds Mark II」

IT・デジタル デジカメ

 キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。
  •  キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。
  •  キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。
  •  キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。
  •  キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。
 キヤノンは、有効1,670万画素35mmフルサイズ(36×24mm)CMOS搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark II」を11月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は900,000円前後(税込み)。

1,670万画素のEOS-1Ds Mark II

 EOS-1Ds Mark IIは、スタジオ撮影向けプロフェッショナル用最高級デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds」の後継モデル。画像処理エンジンにはDIGIC IIを採用し、シャッター速度は1/8,000〜30秒で、連写機能は毎秒4コマ、最大32枚(JPEGラージ)/最大11枚(RAW)の連続撮影が行える。シャッター耐久性は20万回。

 ファインダーの倍率は0.7倍で、視野率は100%。液晶ディスプレイのサイズは2.0インチ、23万色表示が可能だ。AF測距エリアは45点。全測距点にF5.6対応の垂直センサー、中央7点はF2.8対応のクロスセンサーを装備した。レンズマウントはEFマウントに対応し、EFレンズ群(EF-Sレンズ除く)を利用できる。

EOS-1Ds Mark IIの背面

 電源起動時間は0.3秒、レリーズタイムラグは55m秒を実現。フラッシュはE-TTL IIに対応し、フラッシュ同調速度は1/250秒まで。ISO感度は100〜1,600となるが、拡張モードではISO50〜3,200相当に設定可能だ。

 記録メディアは、コンパクトフラッシュ(TYPE I/II)とSDメモリーカードのデュアルスロットを搭載した。

 PC用インターフェースはIEEE1394、ダイレクトプリントはUSBとなるほか、ビデオ出力を備える。

 本体サイズは1Dsと同じ、幅156×高さ157.6×奥行き79.9mmだが、重さは1Dsより50g軽い1,215gとなる。電源は、EOS-1D Mark IIやEOS-1Ds、EOS-1D共用のニッケル水素充電池「NP-E3」。

 なお、オプションとして、IEEE802.11g対応の無線LANユニットも用意した。
《高柳政弘》

特集

page top