オリンパス、しずくをイメージした4Mデジカメ「μ-mini DIGITAL」 | RBB TODAY

オリンパス、しずくをイメージした4Mデジカメ「μ-mini DIGITAL」

IT・デジタル デジカメ

 オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
  •  オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。
 オリンパスは、水のしずくをイメージした小型のメタルボディに400万画素CCDと光学2倍ズームを搭載したデジタルカメラ「μ-mini DIGITAL」を10月中旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は38,000円前後。

μ-mini DIGITALのカラーバリエーションは6種類

 μ-mini DIGITALの特徴は、レンズバリア部の凹凸をなくした新開発の「トップシェルバリア」のほか、メタルボディに滑らかな曲線を可能にした外装加工、シルクのような感触をボディ表面に加工した「スーペリアシルキーフィニッシュ加工」の3つを採用したこと。生活防水機能は、JIS保護等級4相当を実現している。

 また、同社独自の画像処理エンジン「TruePic TURBO(トゥルーピックターボ)」や、新開発のズームレンズ(非球面レンズを3枚含む)、多点AF機能を搭載した。さらにカメラ内でソフトフォーカースやフィッシュアイ加工が行える編集機能を追加。

μ-mini DIGITAL

 ディスプレイは、1.8型の「ハイパークリスタル液晶」を搭載しており、同社従来モデルと比べるとコントラストが約3倍、上下左右視野角が約1.5倍になったほか、光の強い屋外でもくっきりと再現できるという。

背面

 本体サイズは幅95×高さ55.5×奥行き27.5mm、重さは115g。記録メディアはxDピクチャーカードを採用する。
《高柳政弘》

特集

page top