データの流れを監視してウイルスを検知する企業向けウイルスバスターの最新版 | RBB TODAY

データの流れを監視してウイルスを検知する企業向けウイルスバスターの最新版

エンタープライズ その他

トレンドマイクロは、企業向けのセキュリティ製品の最新版「ウイルスバスター コーポレートエディション 6.5」を8月20日より出荷する。パーソナルファイアウォールが強化されているのが特徴だ。

 ウイルスバスター コーポレートエディションは、クライアントの設定やパターンファイルの配信をサーバ側で一括管理できる製品群。

 最新版ではあらたに、パーソナルファイアウォール「エンタープライズクライアントファイアーウォール」を搭載している。ここでは、通信を常時を監視するとともに、ウイルスが発生した場合は標的になるポートを閉じる機能がある。

 さらに、データの流れを監視し、データ本体に紛れ込むウイルスやセキュリティホールを狙った攻撃を遮断する「ジェネリックストリーム検索機能」が搭載されている。これにより、MSBLASTやSASSERのようなネットワークウイルスもこれまで以上に効果的に防御できる。

 また、セキュリティポリシーにそぐわないPCを社内ネットワークに接続させない「Cisco Network Admission Control」も提供される。ほか、スパイウェアも検知するようになった。

 価格は20ライセンス72,450円(税込み)などになっており、ライセンス数に応じて割り引かれる。なお、価格には1年間のサービスサポートや定義ファイルの更新サービスが含まれており、2年目以降は契約の更新が必要だ。
《安達崇徳》

特集

page top