STNet、高松/高知/松山/徳島の4市でFTTHサービスを10月から開始 | RBB TODAY

STNet、高松/高知/松山/徳島の4市でFTTHサービスを10月から開始

ブロードバンド その他

 STNetは、FTTHサービス「ピカラ光サービス」を10月より開始する。エリアは、高松市、高知市、松山市、徳島市の各一部地域。

 集合住宅と戸建て住宅向けに、インターネットサービス接続「ピカラ光ねっと」、IP電話サービス「ピカラ光でんわ」、多チャンネルの放送サービス「放送・映像サービス」の3つが提供される。

 インターネット接続、IP電話、放送サービスをFTTHサービスとして一括で提供している事業者としては、KDDIやNTTコミュニケーションズなどが挙げられるが、集合住宅向けに提供されているサービスだ。ピカラ光サービスは、戸建て住宅でも利用できるのが特徴といえるだろう。

 ピカラ光ねっとは、最大100Mbpsのインターネット接続サービス。料金は、戸建て住宅向けは月額5,985円、集合住宅は1棟あたりの契約件数などにより月額4,725円〜月額4,935円が必要だ。初期費用は戸建て向けが26,250円、集合住宅向けは棟内の配線などにより10,500円〜26,250円。

 一方のピカラ光でんわは、110番や119番も利用できるIP電話サービス。ナンバーポータビリティが実現されており、PSTNの電話を完全に置き換えられるのが特徴だ。基本料金は月額1,050円で、通話料金はPSTNへの発信は3分7.875円、携帯電話は3分56.7円。また、KDDI、日本テレコム、フュージョン・コミュニケーションズ、電力系通信会社との通話料金は無料だ。

 ほか、放送・映像サービスでは、地上波/BS/CSなどの多チャンネル放送やVoD(ビデオオンデマンド)を提供する予定。こちらについては、高松ケーブルテレビや高知ケーブルテレビと共同で展開するため、地域によってサービスの内容や料金が異なる。サービスは、これら2社が流しているケーブルテレビの放送をインターネット接続とは異なる波長で放送し、STB(セットトップボックス)で受信するといった形になる。さらにこれら2社とは、インターネットサービスなども含め、営業やサポートなどでも協力していく。

 なお、8月1日から「先行予約キャンペーン」が開始され、初期費用や一定期間の利用料金が無料になったり、景品がプレゼントされる。

 ちなみに西日本の電力系通信会社では、沖縄では沖縄通信ネットワーク、九州地方ではQTNet、中国地方ではエネルギア・コミュニケーションズ、関西地方ではケイ・オプティコム、中部地方では中部電力がそれぞれFTTHサービスを提供している。これに今回の四国地方のSTNetが加わることで、西日本地区はほぼ全域で電力系通信会社がFTTHサービスを提供することになる。

■ピカラ光ねっと 戸建て住宅向け
 利用料金:月額5,985円

■ピカラ光ねっと 集合住宅向け
●オール光タイプ
 1〜7戸:月額5,985円
 8〜15戸:月額4,725円
 16戸〜:月額4,410円
●LANタイプ
 8〜15戸:月額4,725円
 16戸〜:月額4,410円
●VDSLタイプ
 8〜15戸:月額4,725円
 16戸〜:月額4,620円

※いずれも税込み価格
《安達崇徳》

特集

page top