ドコモ、FOMAと無線LANのデュアル端末「N900iL」を開発。法人向けに秋から販売を開始 | RBB TODAY

ドコモ、FOMAと無線LANのデュアル端末「N900iL」を開発。法人向けに秋から販売を開始

IT・デジタル モバイル

ドコモ、FOMAと無線LANのデュアル端末「N900iL」を開発。法人向けに秋から販売を開始
  • ドコモ、FOMAと無線LANのデュアル端末「N900iL」を開発。法人向けに秋から販売を開始
 NTTドコモグループは、FOMAと無線LAN(IEEE 802.11b)のデュアル端末「N900iL」を開発した。端末を含めたシステム全体を「PASSAGE DUPLE」として秋から法人向けに販売する予定だ。

 N900iLは、外見や搭載されている機能はFOMAのシングル端末「N900i」とほぼ同等で、これに無線LANを経由したIP電話機能が付加された形になる。またIP電話では、IP-PBXとの連携により保留や転送などといった、固定のビジネスフォンと同じような機能が利用できる。

 さらに、アドレス帳に登録した相手の状態が分かる「プレゼンス」機能が搭載されているのも特徴だ。FOMAのインフラに接続している場合は“外出中”に、会議室の無線LANアクセスポイントだと“会議中”といったように状態を自動的に切り替えることもできる。ほか、インスタントメッセージ機能も搭載されるため、相手の状況に応じた通信手段の使い分けが可能だ。

 なおN900iLに対応するシステムとしてNECが「UNIVERGE FOMA連携ソリューション」を発表している。ここでは、相手が外出中であっても内線番号だけでFOMAを経由した通話に転送する機能などが提供される。

N900iL
《安達崇徳》

特集

page top