hi-ho、中部電力のアクセスコミュファコースでIP電話サービスを提供 | RBB TODAY

hi-ho、中部電力のアクセスコミュファコースでIP電話サービスを提供

ブロードバンド その他

 パナソニック ネットワークサービシズは、中部電力の光ファイバサービス「アクセスコミュファ」を利用した「アクセスコミュファコース」において、IP電話サービス「hi-hoでんわ-C」の提供を開始する。サービス開始は7月1日。

 「hi-hoでんわ-C」は、NTTコミュニケーションズのIP電話網を利用したIP電話サービス。通話料は、「hi-hoでんわ-C」会員間、およびNTTコミュニケーションズのIP電話網を利用した他のISP会員間との着信・発信の通話料が無料、また会員から固定電話への発信が全国一律3分8.4円(税込)。

 月額基本料は294円(税込)だが、「アクセスコミュファコース」と「hi-hoでんわ-C」を同時に利用すると「hi-ho光快適セット」が適用され、実質的には無料でIP電話サービスが利用できる。

■アクセスコミュファ向けIP電話サービス
初期費用:無料
基本料(月額):294円(税込)※hi-ho光快適セット適用により無料
モデムレンタル料(月額):735円(税込)※中部電力からのレンタル
対象コース:アクセスコミュファコースの「ホームタイプ」「マンションV」「マンションL」「マンションF」の各コース
《北島友和》

特集

page top