アッカ、顧客情報流出の経路や時期について特定に至らなかったと報告 | RBB TODAY

アッカ、顧客情報流出の経路や時期について特定に至らなかったと報告

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークス(アッカ)は、201名分の顧客情報流出について調査報告を行った。これによると、流出の経路や時期については特定に至らなかったとしている。この調査は監査法人トーマツとユーフィットが加わり行われたもの。

 まず流出した201名分の顧客情報は、(1)個人名義(2)電話共用タイプ(3)申し込み受け付けが2002年9月1日〜2003年3月31日(4)2003年4月29日〜5月2日まで継続していたユーザの4つの特徴がみられたとしている。

 この情報流出の経路を特定するために、まず2004年3月29日に社内に存在するUSBメモリーやCD-Rなどの2,218個の外部記憶媒体を回収し調査を行った。しかし、流出した顧客情報につながるようなデータは見つからなかった。さらに、バックアップデータを用いて共有ファイルサーバを情報が流出したとみられる2003年3月末〜5月上旬の状態に戻したが、こちらでも手掛かりになるような情報は得られなかったとのことだ。

 このため同社では、分析可能なデータがほかに存在しないため、情報流出の範囲についてはこれ以上の特定は不可能だとした。

 また、ネットワークへの不正侵入、バックアップテープの紛失/盗難など、外部犯行についても調査したものの、疑わしい証拠は得られなかった。ほか、外部委託業者からの流出については、流出した情報に含まれていたメールアドレスについては提供していなかったため、可能性は低いとされている。

 なお、関係者の処分については決定次第、報告するとしている。
《安達崇徳》
page top