シマンテック、ウイルス「Beagle.W」を警告 | RBB TODAY

シマンテック、ウイルス「Beagle.W」を警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、ウイルス「Beagle.W」を危険度3として警告している。

 Beagle.Wは、メールやP2Pファイル交換/共有ソフトを介して感染を広げるほか、ウイルス対策ソフトやファイアーウォールのプロセスを強制終了させたり、TCPの2535番ポートを開きバックドアを作成する。また特定のWebサイトの.phpスクリプトの通信を試みる行動も見られる。

 さらに、ウイルス本体にはランダムなデータが付加されていたりUPXで圧縮されていたりするなど検出されにくいようになっている。
《安達崇徳》

特集

page top