MyDoomが急速に被害を拡大。ソフォスが1月分の「月間トップ10ウイルス」を発表 | RBB TODAY

MyDoomが急速に被害を拡大。ソフォスが1月分の「月間トップ10ウイルス」を発表

エンタープライズ その他

 1月26日に発見されたMyDoomだが、急速に被害を広げているようだ。ソフォスが発表した2004年1月分の「月間トップ10ウイルス」によると、MyDoomが被害数全体の25.1%を占める結果になった。

 また、2位のW32/Bagle-Aも1月に発見されたウイルスだ。なお、Bagleは1月28日に活動を停止している。ほか、Klez-H(0.8%)が24か月連続でランクインした。

 詳細は以下のとおり。

順位 ウイルス名 割合
1
W32/MyDoom-A (MyDoomワーム)
25.1%
2
W32/Bagle-A (Bagleワーム)
16.3%
3
W32/Sober-C (Sober亜種)
9.9%
4
W32/Dumaru-A (Dumaruウイルス)
5.3%
5
W32/Mimail-J (Mimail亜種)
3.1%
6
W32/Mimail-A (Mimailワーム)
2.7%
7
W32/Mimail-K (Mimail亜種)
2.6%
8
W32/Mimail-C (Mimail亜種)
2.2%
9
W32/Mimail-I (Mimail亜種)
1.0%
10
W32/Klez-H (Klez亜種)
0.8%
  そのほか
31.0%
《安達崇徳》

特集

page top