hi-ho、4月からISP事業を分社化。ネット家電との連動も視野に | RBB TODAY

hi-ho、4月からISP事業を分社化。ネット家電との連動も視野に

エンタープライズ その他

 松下電器産業は、2003年4月1日付けでインターネット接続サービス事業を分割、新会社「パナソニック ネットワークサービシズ(以下、PNS)」に移管する。

 同社は「Panasonic hi-ho」というブランド名で、個人向け・法人向け接続サービス、コンテンツサービス、インターネット広告、ECなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供している。

 現在、同社では関連事業ごとに分社化・社内カンパニー化を進めており、PNSの設立と事業移管もその一環だ。インターネット接続サービスに特化することで、激変が続くインターネット接続サービス事業の強化を図るとともに、ネット家電機器との連動も視野にいれる。
《北島友和》

編集部のおすすめ記事

特集

page top