無線LAN倶楽部でIP電話のトライアルを開始。ボイスメールや転送機能も提供 | RBB TODAY

無線LAN倶楽部でIP電話のトライアルを開始。ボイスメールや転送機能も提供

ブロードバンド その他

 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)は、無線LAN接続サービス「無線LAN倶楽部」にてIP電話のトライアルを12月16日より開始する。トライアルは、2004年5月末までの予定で実施される。

 対象になるのは無線LAN倶楽部のユーザ。申し込みはすでに始まっており、それぞれのサービスで定員が設定されている。

 今回のトライアルでは、PocketPCやPCをIP電話に対応させるソフトウェアフォン「Gphone」「TaRaBa」とトライアル用に開発された専用の端末「WiFiPhone」が用意される。これらのソフトウェアやハードウェアを用いることで、無線LAN倶楽部のエリアのほか、ローミング先、オフィスや家庭内でも無線LANを経由したIP電話サービスが利用できるようになる。

 また、提供される端末同士間の無料通話のほか、PSTNや携帯電話への発信も提供される。ほか、付加サービスとして「ボイスメールサービス」や「不在着信転送機能」なども利用できる。

 なお、12月16日から開始されるソフトフォンを用いたIP電話サービスとボイスメールを皮切りに、2004年2月には専用端末が、2004年3月には異なるソフトフォン同士をつなぐSIPサーバ「GALG」が、2004年4月以降には不在着信転送機能がそれぞれ追加される予定だ。

 実験では、音声品質、遅延などの特性評価や使い勝手などを材料に、商用サービスを検討するとしている。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top