世界初。日本テレコム、波長ベースのレイヤ1VPNサービスのプロトタイプを開発 | RBB TODAY

世界初。日本テレコム、波長ベースのレイヤ1VPNサービスのプロトタイプを開発

ブロードバンド その他

世界初。日本テレコム、波長ベースのレイヤ1VPNサービスのプロトタイプを開発
  • 世界初。日本テレコム、波長ベースのレイヤ1VPNサービスのプロトタイプを開発
  • 世界初。日本テレコム、波長ベースのレイヤ1VPNサービスのプロトタイプを開発
 日本テレコムは、複数拠点を接続できる波長VPNサービスのプロトタイプを開発、10月12日から開催されるITU Telecom World 2003(開催地:ジュネーブ)に動態展示すると発表した。波長VPNサービスは、研究レベルのプロトタイプとしても世界初という。

 GMPLSでコントロール可能な3拠点以上の接続に対応した全光型光クロスコネクトを用いて、レイヤ1(物理層)でのVPNを実現するというもので、GMPLSコードについては、日本テレコムの研究所が実装した。全光型光クロスコネクトによって、光・電気変換による遅延のないネットワークが構築可能で、GMPLS採用により、ユーザがウェブブラウザなどからVPN構成を変更することも可能になる。
 また、1波長がまるまるユーザに提供されるため、光ネットワーク内については広帯域で利用でき、波長として分離されているためセキュリティも確保できるという。

 波長によるレイヤ1VPNの商用サービスについては、機器ベンダーによるGMPLS対応製品の出荷ののちということで、現時点で具体的な商用化スケジュールなどは示されなかったが、将来的には、遅延や帯域などの必要に応じて、レイヤ1VPN、レイヤ2VPN、レイヤ3VPNなどが使い分けられるようになると述べた。

発表資料より、波長VPNのサービス例。図中のPXCは「Photonic Cross Connect(全光型光クロスコネクト)」のこと。(クリックで拡大)
《伊藤雅俊》
page top