アッカ、26Mbpsサービスの詳細を明らかに。IP電話アダプタ+802.11gアクセスポイントのADSLモデムの提供など | RBB TODAY

アッカ、26Mbpsサービスの詳細を明らかに。IP電話アダプタ+802.11gアクセスポイントのADSLモデムの提供など

ブロードバンド その他

アッカ、26Mbpsサービスの詳細を明らかに。IP電話アダプタ+802.11gアクセスポイントのADSLモデムの提供など
  • アッカ、26Mbpsサービスの詳細を明らかに。IP電話アダプタ+802.11gアクセスポイントのADSLモデムの提供など
 アッカ・ネットワークスは最大26Mbpsの接続サービスについて詳細を明らかにした。ここでは、距離や速度のグラフや「多機能ADSLモデム」の提供について触れられている。

 ADSLリンク速度と距離のグラフによると、3km弱でリンク速度が12Mbpsまで減衰し、6km付近では12Mbpsサービスとほぼ同じ速度になっている。同社では「2.3km未満では大幅な速度向上、それ以上では平均して1割程度の速度向上が見込まれる」としている。なお、この値はグラフは、0.4mm径ポリエチレン絶縁銅線ケーブルを用いてノイズなし(理想的環境下)における推定ADSLリンク速度になるため、実際にはこれより速度が落ちることになる。

ADSLリンク速度と距離(アッカの資料より)


 また「多機能ADSLモデム」は、従来から提供されているADSLモデム+ブロードバンドルータ+IP電話アダプタに加え、IEEE 802.11gのアクセスポイントの機能も備えた機器。最大26Mbpsの接続サービスになると、IEEE 802.11bでは力不足になるとの判断からIEEE 802.11gを搭載したと見られる。

 なお、本日So-netが26Mbpsサービスへの対応を表明したが、OCN、@nifty、BIGLOBE、ASAHIネット、ReSET.JP、TikiTikiインターネット、Panasonic hi-hoについても、順次受付を開始するとのことだ。
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

page top