印刷物の電子透かしからWebサイトにジャンプ。NTT持ち株会社が「サイバースカッシュ」を開発 | RBB TODAY

印刷物の電子透かしからWebサイトにジャンプ。NTT持ち株会社が「サイバースカッシュ」を開発

ブロードバンド その他

 これまでは主に著作権管理で用いられていた電子透かしだが、NTT持ち株会社はURLの埋め込み技術「サイバースカッシュ」を開発した。

 サイバースカッシュは、印刷された画像をWebカメラやカメラ付き携帯電話に読み込ますことで特定のURLに誘導する技術だ。利用するには、PCでは「スカッシュリーダ:Active-X版」が、携帯電話では「スカッシュリーダ:iアプリ版」が必要になる。

 最近は、ポスターやパンフレット、雑誌や会社案内などには必ずと言っていいほどURLが記載されている。しかし、このURLをPCや携帯電話に入力するのが面倒だったり、トップページのURLだけだとどこに目的の情報があるのか分からなかったりした。サイバースカッシュは、これらの問題を解決するために開発したという。

 なおサイバースカッシュは、サイバートライアルにて7月8日から約6か月間をめどに試験的に提供される。このサイトには、電子透かしが埋め込まれた画像が用意されており、印刷したこの画像を携帯電話やWebカメラで撮影することで機能が体験できるようになっている。

 同社では、雑誌とWebサイトとの連動企画や販売促進ツール、エンターテイメントへの応用などが期待されてるとしている。
《安達崇徳》

特集

page top