@nifty、従量制海外ローミングサービスの名称・接続ダイヤラーを統一 | RBB TODAY

@nifty、従量制海外ローミングサービスの名称・接続ダイヤラーを統一

ブロードバンド 回線・サービス

 ニフティは本日付けで、ダイアルアップ接続の従量制海外ローミングサービスについて、これまで各事業者ごとに分かれていたサービス名称を「従量制ローミング」に統一するとともに、接続時に利用するダイヤラーの統合を図った。

 同社の従量制海外ローミングサービスは、これまで経由するローミング事業者ごとに「ダイレクトローミング」「UUNETローミング」「iPassローミング」「GRICローミング」の名称で提供されていたが、これらをすべて「従量制ローミング」の名称に統一し、ワンサービスとして提供する。

 またダイヤラーについても、ローミング事業者ごとに分かれていたソフトウェアを「@nifty海外接続アシスタント」に統合し、一つのソフトで各事業者のアクセスポイントに接続できるようにした。ただし旧「GRICローミング」については現時点では未対応となっている。

 なおニフティでは、海外ローミングサービスのさらなる利便性向上のため、今回の従量制ローミングの統合に続き、今後「定額制ローミング」の導入も検討している。
《RBB TODAY》

特集

page top