日本オラクル、インターネットを通じて技術者認定制度「ORACLE MASTER」の試験を提供開始 | RBB TODAY

日本オラクル、インターネットを通じて技術者認定制度「ORACLE MASTER」の試験を提供開始

ブロードバンド その他

 日本オラクルでは、インターネットから試験を受ける技術者認定制度「ORACLE MASTER」の試験の提供を始めた。これにより受験者はインターネットに接続できるPCさえあれば、指定された試験サイトに接続し、事前に通知される受験用パスワードを入力するだけで「ORACLE MASTER」の試験を受けることが可能になる。

 インターネットを使ったこの試験は、「インターネット・ベースト・テスティング」(IBT)と呼ばれる仕組みによって提供されるもの。従来、「ORACLE MASTER」の試験を受けるには特定の認定会場に出向くなどの必要があったが、このシステムにより受験者は研修を受けた施設で受験できるようになる。今後、同社では「ORACLE MASTER Silver」の認定に必要な科目を皮切りに、IBTにより提供する「ORACLE MASTER」試験を順次拡大していく方針だ。
《RBB TODAY》
page top