FWAで最大622Mbpsを実現。家庭用アクセスラインを視野に開発 | RBB TODAY

FWAで最大622Mbpsを実現。家庭用アクセスラインを視野に開発

ブロードバンド その他

 通信総合研究所は、38GHz帯を用いたFWAにて最大622Mbpsの通信が行える技術を開発したと発表した。

 この技術は、変調方式には64QAMおよび128QAMを採用して、それを4つ並列に送ることにより実現されている。現在は、横須賀リサーチパークを中心に4つの無線局を開局して、伝送距離が最大1kmのテストベットで実験を進めているとのこと。

 なお、将来的には家庭向けのアクセスラインとしての利用を目指しているという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top