hi-ho、東電とアッカ回線を利用したFTTH/ADSLサービス3種を提供。各サービスのデビューキャンペーンも実施 | RBB TODAY

hi-ho、東電とアッカ回線を利用したFTTH/ADSLサービス3種を提供。各サービスのデビューキャンペーンも実施

ブロードバンド その他

 Panasonic hi-hoは、東京電力のFTTH回線とアッカ・ネットワークスのADSL回線を利用した3つの新サービスを提供すると発表した。

 FTTHサービス「光-TEPCOコース ホームタイプ」は月額利用料が6,600円、回線終端装置レンタル料が900円、初期費用が29,000円。個人を対象としたホームタイプのみの提供となる。3月25日よりhi-ho会員のコース変更を、4月16日より新規加入者の受付を開始する。

 また、先着300名を対象に、初期費用29,000円と開通月の利用料7,500円(回線終端装置レンタル料を含む金額)が無料となるデビューキャンペーンを実施する。

 アッカ回線を利用した新コースは、下り最大12Mbpsの「まとめてADSL-Aコース 12Mサービス」と、下り最大1Mbpsの「まとめてADSL-Aコース エントリーサービス」の2つ。月額利用料は、12Mサービスが2,860円、エントリーサービスが1,960円。なお、12Mサービス用のADSLモデムはIP電話機能付のIDA(Integratat-ed Access Device)なので、IP電話サービス「hi-hoでんわ-C」を利用することもできる(別途、申し込みが必要)。両コースとも申し込み受け付けは3月17日より開始。

 アッカ対応コースでもデビューキャンペーンが実施される。こちらは利用料無料ではなく、コンテンツサービスの利用権である。両コースへの新規加入者は、ブロードバンドコンテンツポータル「ShowTime」が配信している約4,400タイトルのうち約3,000タイトルをもれなく無料で利用できる。従来のキャンペーンとは一味違って、新規ユーザにとってはうれしいかもしれない。無料で利用できる期間は3月31日から12月25日の約9ヶ月間。キャンペーン期間は3月17日から6月15日。

 また、同社では3月17日より商用サービス開始予定の「hi-hoでんわ-C」でも、初期費用(500円)と加入月の月額料金が無料となるキャンペーンを実施する。キャンペーン期間は3月17日から6月15日。


■光-TEPCOコース ホームタイプ
 速度:上下とも100Mbps
 利用料:6,600円
 回線終端装置レンタル料:900円
 初期費用:29,000円(回線工事費・開通手数料)
 受付開始:
   hi-hoユーザのコース変更:3月25日
   新規ユーザ:4月16日

■まとめてADSL-Aコース 12Mサービス(電話共用タイプのみ)
 速度:下り12Mbps、上り1Mbps
 利用料:2,860円
 モデムレンタル料:780円(IDAタイプモデム)
 初期費用:3,850円(NTT工事費・開通手数料)
 受付開始:3月17日

■まとめてADSL-Aコース エントリーサービス
 速度:下り1Mbps、上り512kbps
 利用料:1,960円
 モデムレンタル料:500円(ルータタイプモデム)
 初期費用:3,850円(NTT工事費・開通手数料)
 受付開始:3月17日
《RBB TODAY》

特集

page top