ソースネクスト、主力製品を一律1,980円に。ウイルス対策ソフトも一気に3千円の値下げに | RBB TODAY

ソースネクスト、主力製品を一律1,980円に。ウイルス対策ソフトも一気に3千円の値下げに

ブロードバンド その他

ソースネクスト、主力製品を一律1,980円に。ウイルス対策ソフトも一気に3千円の値下げに
  • ソースネクスト、主力製品を一律1,980円に。ウイルス対策ソフトも一気に3千円の値下げに
松田社長
新事業戦略について説明する松田憲幸社長。26日都内で開かれた記者発表会で
 ソースネクストは本日、PCソフト市場拡大に向け主力製品を一律1,980円に値下げする新事業戦略「コモディティ化戦略」を発表した。5千円から7千円で販売されている人気商品を機能制限なしに一気に値下げするという思い切った価格改定を実施する。

 対象となるのはいずれも同社の主力製品で、「マカフィー・ドットコムシリーズ」のエントリーモデル「ウイルススキャンオンライン」「パーソナルファイアウォールPlus」(いずれも現行4,980円・3月21日より新価格)をはじめ、教育・学習ソフト部門の「特打シリーズ」「メキメキシリーズ」、ユーティリティソフト部門の「驚速シリーズ」。まずは特打シリーズの一部製品に2月28日より新価格を適用し、3月28日までに他の製品も順対値下げする。

 さらに同社は低価格戦略とあわせて、家電量販店、大手レンタルショップ、コンビニ、書店、玩具店などへの販売チャネルの新規開拓、DVDサイズのパッケージ版および書籍と組み合わせた「ソフトブック」の販売も開始する。同社は新事業戦略により、2003年には500万本(前年比2.5倍)、2004年には1,000万本の販売本数を目指す。

 今回の低価格戦略の背景には、先の「驚速ADSL Yahoo! BB版」「特単」の値下げによる成功がある。価格改定前に比べて「驚速ADSL Yahoo! BB版」では本数ベースで2.8倍(金額1.6倍)、「特単」では実に8.3倍(金額4倍)の伸びがあったという。同社は、ユーザのソフト購入の障害となっている「パソコンソフトの高価格」を解消することにより、PCソフトの市場拡大を、さらにはPC市場全体の活性化を目指す。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top