NHK学園、日本IBMの協力で4月よりeラーニングシステム導入へ。まずは高等学校講座から | RBB TODAY

NHK学園、日本IBMの協力で4月よりeラーニングシステム導入へ。まずは高等学校講座から

エンタメ その他

 日本放送協会学園(NHK学園)は、インターネットを利用したネット学習「e-ラーニング」システムを今年4月から開始すると発表した。システム運用および構築は日本IBMが担当する。

 「どこでも誰でも学べる効果的な通信教育」としていち早く放送を教育に取り入れたNHK学園であるが、これに通信を加えることにより各メディアの特徴を生かしたより効果的な教育を行う。具体的には、インターネットの特長を生かし「学習進捗の把握と個々の能力に応じた指導」「生徒・教師間/生徒間のコミュニケーション強化による理解力の向上・脱落防止」「Web上からの教材の提供」を実現する。

 初年度となる平成15年度には、高等学校講座のリポート提出やコミュニケーションにおいてネットを活用。今後、Web上での教材の提供等に利用範囲を広げ、平成16年度の「高等学校ネット学習本運用開始」を目指す。さらに、3か年計画で「ネットで学べるNHK学園高等学校」へ生まれ変わるべく準備を進めていくという。

 NHK学園は通信制の高等学校として1962年にスタートし、これまで4万7千人以上の卒業生を送り出している。現在では、社会人や主婦などを対象とした生涯学習講座と福祉教育講座がこれに加わり、受講者数は延べ429万人に達している。
《RBB TODAY》

特集

page top