日立造船と日本GPSソリューションズ、高精度位置情報を提供するRTK-GPSシステム事業を本格展開 | RBB TODAY

日立造船と日本GPSソリューションズ、高精度位置情報を提供するRTK-GPSシステム事業を本格展開

ブロードバンド その他

日立造船と日本GPSソリューションズ、高精度位置情報を提供するRTK-GPSシステム事業を本格展開
  • 日立造船と日本GPSソリューションズ、高精度位置情報を提供するRTK-GPSシステム事業を本格展開
  • 日立造船と日本GPSソリューションズ、高精度位置情報を提供するRTK-GPSシステム事業を本格展開
 日立造船および同社の関係会社である日本GPSソリューションズ(NGS)は、誤差精度数cmレベルの高精度位置情報提供ビジネスにおいて本格事業展開を行うことを発表した。

 測量、土地家屋調査などの利用に適した高精度位置情報を安価に提供するためには、生のGPS信号に対し補正情報を加え、解析処理を行う必要があるが、従来はGPSレシーバ側に解析機能を持たせていたため、1台あたり300万円程度と高価なものだった。

 日立造船らはこの解析処理をネットワーク経由でサーバ側に行わせることで価格を従来の約半分(128〜156万円)におさえた、世界初の「サーバ型RTK-GPS受信機」を共同開発。測量、土地家屋調査などに対する解析ASPサービスや、港湾荷役管理、GIS基盤データ収集システム、構造物の変形監視、土木施行管理、各種移動体管理などのSI事業を行うとしている。

日本GPSソリューションズ:NetSurv1000L


日本GPSソリューションズ:NetSurv2000


 サーバ型RTK-GPSソリューションは、解析サーバ「SurvStation」と2周波GPS受信機「NetSurv1000」(Windows CE搭載)、「NetSurv1000L」(Windows CE/液晶タッチパネル搭載)、「NetSurv2000」(可搬モデル)から構成される。ユーザは用途に応じたNetSurv端末を購入。NGSが提供するRTK解析ASPサービスに契約することで、安価かつリアルタイム(0.5秒程度)に高精度位置情報を取得できる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top