フラッシュバック、米Sorenson MediaのMPEG-4エンコードソフトを発売開始 | RBB TODAY

フラッシュバック、米Sorenson MediaのMPEG-4エンコードソフトを発売開始

ブロードバンド その他

 フラッシュバックは、米Sorenson MediaのMPEG-4エンコードソフト「Sorenson Squeeze 3」を2月10日から発売する。

 発売タイトルは、「Sorenson Squeeze 3 Compression Suite(直販価格69,800円)」「Sorenson Squeeze 3 for Macromedia Flash MX(直販価格18,800円)」「Sorenson Squeeze 3 for MPEG-4(直販価格31,000円)」「Sorenson Video 3 Pro Codec(直販価格46,800円)」の4本。価格はすべてオープンプライス。対応OSは、Mac OS XおよびWindows 98SE、Me、2000、XP(要・最新アップデータ)。

 Compression Suiteは、他の3本の内容をすべて含む総合パッケージ。Windows Media、Real Videoなどのさまざまなコーデックに対応し(for MPEG-4)、2Pass VBRなど最新のMPEG-4にも対応(Pro Codec)するほか、Flash MX用のFLVやswfにも対応(for Macromedia Flash MX)する。

 SuiteおよびPro Codecパッケージに含まれるSorenson Video 3 Pro Codecをインストールすることで、Adobe Premiere、Final Cut Pro、iMovie、Avid Xpress DVなどの編集ソフトから直接Sorenson Video 3 Pro Codecの書き出しが可能になる。また、DiscreetのCleanerやアップルのQuickTime Proユーザは、併用によりさらなる高品位の圧縮を行える。

 なお、MPEG-4対応のSorenson Squeeze 3 for MPEG-4については、2月10日までの予約で26,000円となるキャンペーン価格が設定されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top