シマンテック、ウイルス対策ツールを偽装した新種のワームなどについて警告 | RBB TODAY

シマンテック、ウイルス対策ツールを偽装した新種のワームなどについて警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、大量メール送信型のウイルス「W32.Recory@mm」および「W32.Campurf@mm」について警告をおこなっている。

 W32.Recory@mmは、ウイルス駆除ツールを偽装(ただし英文)しているもので、発病するとOutlookとアドレス帳を使って自分自身をメール送信するほか、KaZaAやmIRCなどを使って感染を広げようとする。シマンテックの危険度評価は2。

 また、W32.Campurf@mmは、アドレス帳にある宛先すべてに対して自分自身を送信するほか、Windows9x系OSのレジストリファイルを削除する、アンチウイルスソフトやパーソナルファイアウォールソフトなどを停止させるといった動作をする。シマンテックの危険度評価はこちらも2。

 いずれもプレビューだけで発病することはなく、英文メールに実行ファイルの拡張子がついた添付ファイルという「見るからにアヤシい」ものであることから日本ではそれほど広がる恐れはないと思われるが、うっかり添付ファイルを開いたりすることがないよう、注意していただきたい。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top