OCN、有料コンテンツを購入可能なコンテンツコースを新設 | RBB TODAY

OCN、有料コンテンツを購入可能なコンテンツコースを新設

ブロードバンド その他

 OCN(NTTコミュニケーションズ運営)は、会員以外でもOCNの有料コンテンツを利用できるようにするための特別コース「OCNコンテンツコース」を新設した。

 OCNコンテンツコースでは利用したコンテンツに対して課金し、登録自体は入会金・月額利用料とも無料。課金方法には「件数課金」と「月額料金」の2種類のシステムが用意されている。件数課金とは利用するたびに利用料が加算され、月額料金では1か月単位で支払うというシステム。

 現在、購入できるコンテンツは、「WANDARAMA」「東京ミュウミュウ」「シネマKADOKAWA」の3つ。WANDARAMAは、日本全国の3D地図や50万以上の項目で構成された辞事典類が利用できるネット百科事典。利用料は月額1,280円。東京ミュウミュウは、テレビ東京系列で放送されているアニメのネット版で毎週更新される。視聴料は、1か月4話分で月額300円。シネマKADOKAWAでは、ショートストーリーが視聴できる。現在は、「ネット探偵アイコ」「ネット探偵アイコII」、森村誠一原作「行きずりの殺意」、柴田錬三郎原作「赤い鼻緒の下駄」などのラインアップが揃っている。視聴料は1話あたり300円〜390円。ネット探偵アイコは、3巻セットでの割引価格も用意されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top