NTT東、ブロードバンドルータ「WN-A54/BBR」と「BAR HG」の最新ファームウェアを公開 | RBB TODAY

NTT東、ブロードバンドルータ「WN-A54/BBR」と「BAR HG」の最新ファームウェアを公開

IT・デジタル その他

 NTT東日本は、ブロードバンドルータ「Web Caster WN-A54/BBR」(IEEE802.11aアクセスポイント内蔵モデル)と「Web Caster BAR HG」の最新ファームウェアを公開した。

 WN-A54/BBR(Ver1.1.0)では、UPnPのサポートと、LAN側からPPTPなどのVPNセッションが張れる「VPNパススルー」が追加された。また、ルータモードで約1.4倍、ブリッジモードで約1.7倍のスループットの向上も図られている。

 一方のBAR HG(Ver1.20)では、ISPから割り当てられた固定IPアドレスをLAN側に割り当てる「アンナンバードIP」、フレッツ・ADSLとBフレッツで複数のISPにPPPoEのセッションが張れる「PPPoEマルチセッション」機能(2セッションまで)が追加された。また、DoS攻撃の検出に対する強化も図られている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top