KDDI、「イーサエコノミー」の一部品目を値下げ | RBB TODAY

KDDI、「イーサエコノミー」の一部品目を値下げ

ブロードバンド 回線・サービス

 KDDIは、法人向けインターネットサービス「KDDIインターネット」のひとつの品目である「イーサエコノミー」の一部の利用料を、11月1日から値下げする。

 イーサエコノミーはNTT東西が提供する「Bフレッツ」に対応し、1〜64個までの固定IPアドレスを利用できるサービス(利用できる固定IPアドレスの数はタイプによって異なる)。対応するBフレッツのタイプは、マンションタイプ、ファミリータイプ、ニューファミリータイプ(NTT東日本)、ファミリー100タイプ(NTT西日本)、ベーシックタイプ、ビジネスタイプ。値下げ対象の「ニューファミリー/ニューファミリー100」は、固定IPアドレスが1個または8個利用できる。

 新料金では、IPアドレス数が1個の場合は14,000円から9,800円に、8個の場合には27,000円から18,800円に値下げとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top