クロスウェイブ、広域LANサービスに「QoSサービス」オプションを追加 | RBB TODAY

クロスウェイブ、広域LANサービスに「QoSサービス」オプションを追加

ブロードバンド その他

 クロスウェイブコミュニケーションズは、11月1日より「広域LANサービス」にあらたなオプション「QoSサービス」を追加する。

 QoSサービスは、データの送受信をユーザの要望にしたがって制御するサービス。ユーザにとって重要度の高いアプリケーションの帯域を確保することで、品質を保つことができるため、VoIPやマルチキャストなどを効率的に利用することが可能となる。QoSサービスは、すでに新光証券の全社ネットワークに試験サービスとして導入されている。

 QoSサービスはQoS制御能力を重視する「QoSプレミアム」と、コストパフォーマンスを重視する「QoSスタンダード」の2種類がある。プレミアムは広域LANサービスの全品目に、スタンダードは広域LANサービスの128kbps、512kbps、1.5Mbpsに対応する。利用料は、広域LANサービス128kbpsにスタンダードを適用した場合で月額10,000円。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top