小林よしのり氏、『おそ松さん』人気にあやかり「『おぼっちゃまさん』やってくれんかな」 | RBB TODAY

小林よしのり氏、『おそ松さん』人気にあやかり「『おぼっちゃまさん』やってくれんかな」

エンタメ ブログ

「おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
  • 「おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
 漫画『おぼっちゃまくん』などの作品で知られる漫画家の小林よしのり氏が、アニメ『おそ松さん』の人気に、自身も「『おぼっちゃまさん』でアニメやってくれんかな」と期待した。

 小林氏は1日に更新したブログで、『おそ松さん』が“腐女子”を中心に大人気となっていることに触れ、「赤塚不二夫が生きてたらどれだけ喜んだことか」とつづった。

 原作である『おそ松くん』に小学生時代にはまったという小林氏。「おそ松、トド松、カラ松、一松、チョロ松、十四松、というのを暗記して、学校で早口で言ってたものだ。チビ太やらイヤミやら面白いキャラが次々に登場して、子供の生活の一部となって毎週『少年サンデー』を楽しみにしていた」と当時の思い出を蘇らせた。

 そして、「わしの『おぼっちゃまくん』も『おぼっちゃまさん』でアニメやってくれんかな。やるなら、わしが生きてるうちがいいからな。死んでからじゃしょうがないよなあ」とリメイクへの期待を膨らませた。
《花》

編集部のおすすめ記事

特集

page top