NEC、セキュリティ事業を本格展開。監視サービスや情報提供、小型ファイアウォール製品の発売など | RBB TODAY

NEC、セキュリティ事業を本格展開。監視サービスや情報提供、小型ファイアウォール製品の発売など

エンタープライズ その他

NEC、セキュリティ事業を本格展開。監視サービスや情報提供、小型ファイアウォール製品の発売など
  • NEC、セキュリティ事業を本格展開。監視サービスや情報提供、小型ファイアウォール製品の発売など
 NECネットワークスは、セキュリティ事業の本格展開として、リモート監視や情報提供などの新サービスを開始。あわせて、SOHO向けの小型ファイアウォール製品も発売する。

 監視サービスは、リップテック社のセキュリティ監視センタ技術を採用。同技術の国内使用権・販売権を持つインフォセック社と提携して提供される。侵入検知システムとファイアウォールのログを組み合わせて自動分析、不正アクセスをリアルタイムに検出できるというもので、24時間365日スタンバイしているインフォセック社の技術者が不正アクセスに直ちに対処できる。

 また、日本情報共有分析センター(JISAC)からのセキュリティ情報提供サービスも開始する。このサービスでは、緊急性を要する速報レベルのものから、デイリー/ウィークリー/アニュアルレポートなどが提供される。

 このほか、SOHO向けファイアウォール製品として、SecureBladeシリーズの発売も開始する。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのSofaWareのOEMを受けたもので、VPNの有無や接続端末数など、機能に応じてSecureBlade(Home)〜SecureBlade(Office Model25)の4タイプがラインアップされる。9月の出荷開始予定。

VPN機能搭載の小型ファイアウォール SecureBlade
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top