住友電工、ADSL事業の分社化を発表 | RBB TODAY

住友電工、ADSL事業の分社化を発表

ブロードバンド その他

 住友電気工業は、ADSL機器の開発・製造・保守などをおこなう部門を8月1日付けで「住友電工ネットワークス株式会社」として分社化すると発表した。この分社化により、製品開発の迅速化などがはかれるとしている。

 住友電工は、初期からADSLモデムの開発・製造を行ってきたメーカー。ADSL機器の分野で国内トップシェアをもつとしており、NTT東西やイー・アクセス、TOKAIグループなどが採用している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top