BIGLOBE、プライバシー保護の国際標準規格P3P対応で、プライバシー保護に対する取り組みを強化 | RBB TODAY

BIGLOBE、プライバシー保護の国際標準規格P3P対応で、プライバシー保護に対する取り組みを強化

ブロードバンド その他

 NEC(NECソリューションズ)は、BIGLOBEにおいて、インターネットにおけるプライバシー保護の国際標準規格「P3P」への対応を開始した。

 BIGLOBEにおけるP3P対応内容としては、BIGLOBEポータルサイトにおいて、個人情報を第三者に譲渡しないことや、Cookieの使用目的と内容などを説明するプライバシーポリシーの明示、ユーザがいつでも利用サイトの個人情報の取り扱いを確認できることなどで、BIGLOBEの広告総代理店サイバーウィングの広告配信サーバも同規格への対応を実施している。

 サービス事業者としてP3Pに本格対応したサイトは、国内ではBIGLOBEがはじめてで、同社は、今回のBIGLOBEのP3P対応をはじめとし、安心して利用できるインターネット環境の提供と、個人情報を活用した利便性の高いサービス提供を目指すという。

※ P3P(Platform for Privacy Preferences)は、プライバシーポリシーの正確な開示などを目的に、W3C主導で制定が行われているプライバシー保護の国際標準規格で、現在、W3C勧告の候補となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top