オルカビジョンが3分間の子供向けブロードバンド用VoDコンテンツ。将来は保護者向けカウンセリングや視聴データで収益につなげる | RBB TODAY

オルカビジョンが3分間の子供向けブロードバンド用VoDコンテンツ。将来は保護者向けカウンセリングや視聴データで収益につなげる

ブロードバンド 回線・サービス

 オルカビジョンが、ブロードバンド環境下での子供向け番組の配信を始める。あらたなサイトは「ひらけごまTV」で、http://hirakegoma.tv/のサイトを使って配信を始める。

 ひらけごまTVは、ブロードバンド環境下で5〜7歳の児童に向けたコンテンツとなり、保護者の同伴を前提としたもの。FLASHとVoDで番組を配信する。具体的なコンテンツは、FLASHを利用し、アルファベット、ひらがな、九九を学習するアニメ番組や、FLASHで製作された回答形式の学習番組、趣味や世界の子供たちの日常生活を配信するVoDコンテンツ、保護者向けのVoDコンテンツで構成される。

 ひらけごまTVは、従来のオルカビジョンのコンテンツ同様に、製作受託、配信売り上げがベースとなる予定だが、今後はネットミーティングなどを使った有料カウンセリングサービスや、有料コンテンツ化、番組視聴データ集計を元にしたマーケティングデータ販売を検討している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top