NRIセキュア、工場やビルのネットワークを可視化するアセスメントサービスを提供開始 - DreamNews|RBB TODAY

NRIセキュア、工場やビルのネットワークを可視化するアセスメントサービスを提供開始

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小田島 潤、
以下「NRIセキュア」)は、サイバーセキュリティの確保を目的として、工場やビル
のネットワークを可視化する「OTネットワーク・アセスメントサービス」(以下「本
サービス」)を、本日から提供します。

従来、工場やビルで用いられる産業用制御システムを構成するOTネットワークは、
独自の通信プロトコルを利用し、他のネットワークから隔離して運用されてきた
ため、セキュリティ対策の必要性は、Webシステムなどに比べて重要視されてきませ
んでした。
しかし、近年、OT環境においても、WindowsおよびLinuxといった汎用OSや、
TCP/IPなどの一般的な通信プロトコルの採用が広がり、オープン化が進んでいます。
加えて、デジタルトランスフォーメーション(DX)や産業分野向けIoTの浸透ととも
に、制御システムがクラウドなどの外部ネットワークと繋がるようになり、
OTネットワークの広域化・複雑化が急速に進んできました。
そのため、工場やビルもサイバー攻撃の対象となり、例えばネットワークを経由し
てマルウェアに感染した結果、生産設備の稼働が停止するなど、セキュリティ事故
やそのリスクが増大しています。

しかしながら、多くの企業ではOTネットワークに接続されている資産やシステム構
成を、適切に管理できていないという課題を抱えています。「接続している機器や
端末がどこにどれだけ存在するのか」「ネットワーク内でどのような通信が発生し
ているのか」「現状のシステム構成や制御機器が、セキュリティインシデント(事
件・事案)に繋がりうる問題を抱えているかどうか」など、把握できていない情報
が多い場合、有効なセキュリティ対策を打てません。

本サービスは、NRIセキュアがこれまで産業用制御システムに関するセキュリティ
コンサルティングや、セキュリティ診断サービスなどで培ったノウハウと、
OTネットワークの可視化・監視を目的とするソリューション「SCADAfenceプラット
フォーム」を組み合わせることで、工場やビルのネットワークを可視化して、効果
的なセキュリティ対策につなげることを目的にしています。


配信元企業:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ
page top