=LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ | RBB TODAY

=LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ

エンタメ 音楽
=LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
  • =LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
  • =LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
  • =LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
  • =LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
  • =LOVE、シリアスとハッピーの両極に振り切ったTIF2020メインステージ
 =LOVEが4日、オンラインアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」最終日のHOT STAGEに出演。指原莉乃プロデュースのアイドルグループとして2017年に結成された=LOVEは、同年の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」でグループ初となるステージを踏んで以来、毎年出演している。もはや彼女たちにとってホームグラウンドと呼んでも差し支えないほど縁深いTIF、圧巻のパフォーマンスを展開した。



 オープニング映像に続いてヘヴィなギターリフが鳴り響くと、舞台中央に立ちはだかった齊藤なぎさが「画面の前のお前ら、盛り上がる準備できてるかー!」と勇ましく煽り始めた。このステージの1曲目に選ばれたのは、スラッシュメタル調アレンジのハードポップナンバー「いらないツインテール」だ。意外な選曲にコメント欄もざわつく。続いてマイナーキーのシリアスなダンスナンバー「手遅れcaution」、K-POPテイストのEDM曲「CAMEO」と続き、4つ打ちビートのミディアムバラード「ズルいよ ズルいね」まで、計4曲が立て続けにパフォーマンスされた。



 アダルトでシリアスなムードに統一された前半戦を終え、MCタイムに突入すると、雰囲気はガラリと変化。普段通りの“明るく元気なイコラブちゃん”に一瞬で立ち戻り、軽妙なトークを展開してみせた。続いて披露されたのは、アップテンポのハッピーチューン「部活中に目が合うなって思ってたんだ」。さらに「君と私の歌」「探せ ダイヤモンドリリー」と、指原Pが好んでやまない系統の王道アッパーチューンが執拗なまでに連発される。



 前半は一貫して真顔で、後半は一貫して笑顔で歌い踊るという極端な構成のセットリストは、最終的にデビューシングル表題曲「=LOVE」で締めくくられた。“初めまして”のオーディエンスも少なくないフェスという場において、グループが持つ二面的な魅力をこれ以上ないほどにわかりやすく提示する、見事な入門編セットリストであったと言えるだろう。
《ナカニシキュウ》

関連ニュース

page top