「…ずっと、監禁されていました」……桜庭ななみ主演で衝撃のサスペンスドラマがスタート | RBB TODAY

「…ずっと、監禁されていました」……桜庭ななみ主演で衝撃のサスペンスドラマがスタート

エンタメ 映画・ドラマ
オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
  • オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
  • オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
  • オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
  • オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
  • オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(c)フジテレビ/東海テレビ
 憔悴したうつろな表情で、フラフラと道路を歩く若い女性…。着古したボロボロの衣服で、手首には鎖のちぎれた手錠…。「…ずっと、監禁されていました」。そう話したのは13年前から行方不明となっていた相川百合亜だった。

 オトナの土ドラ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ系)がスタートする。BBC人気作品を桜庭ななみ主演でリメイクした、不条理な現実と連鎖する事件のはざまで揺れ動く人々を描いた衝撃のクライムサスペンス。全4話。

 主人公・相川百合亜を演じるのは桜庭ななみ。美しくはかなげで不思議な魅力を持つ彼女が突然家に戻ってきた時、止まっていた歯車が動き出し…。

 今回、物語の主人公を演じる桜庭は、作品の魅力や役への向き合い方などについて次のように話している。「サスペンス作品の経験があまりなかった私にとって、今回の役は新たな挑戦でした。百合亜という女性は、心の奥底では何を考えているのかわからないところが魅力的でもあり、不思議な魅力を持っています。人とは違う環境の中で思春期を過ごしているので、心は13歳で止まっているような感じがして、感じたことを表現するのが難しかったです。見てくださる方には「百合亜は何を考えているのだろう?どういうことを思っているのだろう?何を隠しているのだろう?」と想像していただきたくて、いつもより表情をつけずに、心の中でお芝居をしている感覚が強かったです。共演者の皆さんとも仲良くさせていただき、現場はとても楽しかったです。ただ、内容はとてもシリアスなので、現場の皆さんとは「毎シーンが、クライマックス!」と言っていました(笑)」。

 土ドラ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ系)は8月01日23時40分から。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top