金田一ドラマ『悪魔の手毬唄』に木南晴夏、岡田義徳らの出演が決定 | RBB TODAY

金田一ドラマ『悪魔の手毬唄』に木南晴夏、岡田義徳らの出演が決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 12月21日21時15分放送のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)に木南晴夏、岡田義徳、渡辺大、泉谷しげる、石橋蓮司、中尾ミエらの出演が決まった。


 同ドラマは、ミステリー&ホラー小説界の巨匠、横溝正史の金田一耕助シリーズ『悪魔の手毬唄』が原作。怨念めいた村で次々に血で血を洗う争いが起きていく様が描かれる。主演・加藤シゲアキ演じる金田一耕助がずばぬけた洞察力と明晰な頭脳を武器に名推理をみせる様に注目の一作だ。

 新たに出演が決まった木南は、お幹(おみき)という役柄を演じる。鬼首村にある温泉旅館・亀の湯で働く仲居で、宿を訪れた金田一耕助の接客に当たることになる。根っから明るい性格で、亀の湯のおかみ・青池リカ(寺島しのぶ)や、リカの息子の歌名雄(小瀧望)、娘の里子(大野いと)とも良好な関係を築いている。話し上手で交友関係の広いお幹は村の人間関係を熟知しているため、金田一は、そんなお幹から20年前に起きた凄惨な殺人事件のことや、仁礼家と由良家の対立のことなど、事件のヒントとなる情報を入手していく。

 惨劇の幕を開くきっかけを作ってしまう国民的スター歌手・大空ゆかり(中条あやみ)のマネジャー、日下部是哉を演じるのは岡田義徳。20年前に起きた惨劇により命を落としてしまう青池源治郎を渡辺大が演じる。ほか、源治郎の検視に当たった村の医師・本多を泉谷しげる、鬼首村の庄屋で道楽三昧な老人、多々羅放庵を石橋蓮司、村に伝わる“手毬唄”の歌詞を知る数少ない老人、由良五百子を中尾ミエが演じる。

 スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』(フジテレビ系)12月21日21時15分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top