小栗旬と星野源が映画初共演!ベストセラー小説『罪の声』の映画化決定 | RBB TODAY

小栗旬と星野源が映画初共演!ベストセラー小説『罪の声』の映画化決定

2016年に『週刊文春』ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得したほか、第7回山田風太郎賞を受賞した塩田武士『罪の声』(講談社)の映画化が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「罪の声」製作委員会
  • (C)2020「罪の声」製作委員会
  • (C)2020「罪の声」製作委員会
  • (C)2020「罪の声」製作委員会
  • (C)2020「罪の声」製作委員会
 2016年に『週刊文春』ミステリーベスト10で国内部門第1位を獲得したほか、第7回山田風太郎賞を受賞した塩田武士『罪の声』(講談社)の映画化が決まった。


 塩田武士『罪の声』は、フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が本当にそうだったのではないかと思わせるリアリティに溢れた物語が話題を呼び、現在18万部を超えるベストセラーとなっている。

 主人公の新聞記者・阿久津英士を演じるのは小栗旬。30年以上前に起き、すでに時効となっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者を演じる。もう1人の主人公・曽根俊也を演じるのは星野源。父から受け継いだテーラーを営み、平凡な毎日を過ごす中で、偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの昭和最大の未解決事件に関わっていたことを知ってしまう男を演じていく。なお、2人は今作が映画初共演となる。

 監督は、『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ビリギャル』などで知られる土井裕泰。脚本は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『アンナチュラル』『空飛ぶ広報室』『図書館戦争』シリーズなどを手がけた野木亜紀子が担当する。

 小栗は同作について、「原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています。この作品を映画化するのか、これは覚悟のいることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました」とコメント。星野は、「3年前、とある作品の撮影中にプロデューサーの那須田さんと雑談していた時。この作品のストーリーを聞き、その発想と恐ろしさに激しく鳥肌が立ったのを今でも覚えています。『この役を源ちゃんでイメージしているんだ』と言って頂いた時から長い年月を経て、その役・曽根俊也を演じられることを感慨深く、嬉しく思います」と出演の喜びを語った。

 映画『罪の声』は、2020年全国公開。
《KT》
page top