ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始 | RBB TODAY

ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始

NTTドコモは2月21日、耳の聞こえづらいユーザーに向けて、通話相手の発話内容を画面上に文字で表示する「みえる電話」を、3月1日からスタートすると発表した。

IT・デジタル その他
ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
  • ドコモ、耳の聞こえづらいユーザー向けに「みえる電話」の提供を開始
 NTTドコモは2月21日、耳の聞こえづらいユーザーに向けて、通話相手の発話内容を画面上に文字で表示する「みえる電話」を、3月1日からスタートすると発表した。


 同サービスは、専用アプリを用いることで、ユーザーのスマートフォン画面上に通話内容がリアルタイムで文字表示されるもの。ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、自身だけでなく通話相手のユーザーもアプリの準備が必要となる。

 利用の際は、専用アプリをダウンロードするのみ。事前申し込み等は必要ない。また、専用の電話番号ではなく自身の携帯電話番号での発着信対応が可能な点は魅力。フリーダイヤル・ナビダイヤル・特番にも発信可能となる。

 同サービスは、2016年10月からトライアルが提供されており、約2,000名が利用。トライアルサービスを利用してきたユーザーは、Android版の場合、アプリのアップデート、iOS版は新たにアプリをダウンロードすることで利用可能となる。
《KT》

関連ニュース

page top