貫禄あふれる鈴木亮平の姿に「本当に西郷どんみたいになってきましたね」の声 | RBB TODAY

貫禄あふれる鈴木亮平の姿に「本当に西郷どんみたいになってきましたね」の声

NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』で主演をつとめる俳優の鈴木亮平が10月22日、自身のブログを更新。“西郷隆盛”の名前の由来を明かした。

エンタメ ブログ
鈴木亮平オフィシャルブログより
  • 鈴木亮平オフィシャルブログより
  • 鈴木亮平オフィシャルブログより
  • 鈴木亮平オフィシャルブログより
 NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』で主演をつとめる俳優の鈴木亮平が10月22日、自身のブログを更新。“西郷隆盛”の名前の由来を明かした。


 第39回(10月21日放送)となる同ドラマの副題は「父、西郷隆盛」。明治2年、隠居し薩摩で穏やかな日々を過ごしていた西郷隆盛(鈴木亮平)は、奄美大島から9歳になる息子・菊次郎(城桧吏)を薩摩に引き取る。しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子・寅太郎にも遠慮し心を開かない。一方、明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起こっていた。そんな時、大久保利通(瑛太)は従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得させる。

 放送翌日、鈴木はすでにおなじみとなっている「西郷どんこぼれ話」との題で、ブログを更新。同回から、鈴木演じる吉之助が西郷隆盛に変わったことについて、「実はこのお名前、西郷さんの本当の名前ではありません」と説明。西郷の幼馴染である吉井友実の勘違いから、明治政府の役人に本来の名前ではなく、西郷の父親の名前である『隆盛』が伝わってしまったというエピソードを紹介した。

 続けて、来週放送の第四十回について、「次週は再び吉之助が表舞台へ」「波乱の明治編。久しぶりに再会する一蔵どんとの関係もお楽しみに」と期待をあおり、田んぼでポーズを決めた写真を公開して締めくくった。

 この投稿に、ファンからは「名前間違え面白いですね!」「亮平さん、体つきが本当に西郷どんみたいになってきましたね~びっくりです!」などのコメントが寄せられている。
《KT》

関連ニュース

page top