「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」 | RBB TODAY

「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」

エンタメ 映画・ドラマ

「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
  • 「水曜どうでしょう」の藤村D、ミスター、うれしーが舞台挨拶に!「沢尻さんに会いたかった……」
 『猫は抱くもの』は、現在公開中。同作に『水曜どうでしょう』(HTB)の藤村Dが猫役として出演していることから、27日に公開記念舞台あいさつが、札幌シネマフロンティアで行われた。

 『ヘルタースケルター』(2012)以来、6年ぶりとなる沢尻エリカ主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる同作。「水曜(どうでしょう)ニャイト!」と題して開催された今回のイベントには、盟友の“ミスター”こと鈴井貴之と“うれしー”こと嬉野雅道も駆けつけた。

 まず、一言挨拶を促された藤村Dは、「本来なら沢尻さんとか犬童さんとか吉沢亮さんが登壇するのに、札幌だけは俺っていうのが。でっかいポスターも勝手に作っちゃってさー」と言いながらも、満更ではない様子。会場からも、拍手が起こり、そこにかぶせるかのようにMCが「札幌は沢尻さんより藤村さんですよね?!」と客席に問いかけると、さらに大きな拍手が場内で巻き起こった。

 ミスターは、「ひと月前にメールで藤村さんから誘われ、てっきり沢尻さんと監督がいると思ったら、今日来てみたらいつもの3人」とやや不服な様子。「沢尻さんに会いたかった」と駄々をこね始め、藤村Dが「めっちゃ綺麗な人ですよ!」と自慢げに話すと、まだ諦めきれないのか「沢尻さんに会いたかった」と繰り返すミスター。うれしーは「花束贈呈って聞いて、犬童監督や沢尻さんらがいるところで、場違いな感じで花束を持って贈呈するのかなと思っていたら、花束もなく、花束のかわりに、カメラを!」と嘆く始末。藤村Dは「飲み会と変わらないなあ」と、終始にやにやしていた。

 「藤村さん、スナックのシーンにも客としても出てたね」と、うれしーが話題を変えると、「でも俺、ほとんど映ってないでしょ。俺、1人だけ真っ赤にメイクして、沢尻さんが歌っているところで『ええぞー姉ちゃん』って茶々入れるんですよ。ほかにも2人おじさんがいるんですけど、俺の声ばっかりで。2人とも俺より声が小さいから撮れなくて。犬童監督が初めて声を荒げたんですよ。『もう藤村さんいいですよ!』って。俺の声のせいで現場が混乱きたしているってわかった(笑)」と藤村D。

 最後の挨拶を求められた藤村Dは「映画の第一声が私ということで、私が引っ張っていく映画...と思っては...おりませんが、(映画と撮るにあたって)毎回チャレンジングなことをしたいとおっしゃっていた犬童監督ですが、今回も(本作は)チャレンジしている作品でして、そこに関われたことが大変私は勉強になったな、と。次も犬童さんからのオファー待っています!」と明るく締めくくり、これから3人で飲みにいくのだと言いながら楽しげに会場を後にした。『猫は抱くもの』は、現在公開中。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top