巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM | RBB TODAY

巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM

Webの開祖としても知られる、欧州合同原子核研究機関(CERN)は、巨大な科学技術プロジェクトLHC(Large Hadron Collider)を進めてきた。

IT・デジタル スマートフォン
巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM
  • 巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM
  • 巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM
  • 巨大トンネルLHCをパトロールする2機の大型ハドロン・コライダーTIM
 Webの開祖としても知られる、欧州合同原子核研究機関(CERN)は、巨大な科学技術プロジェクトLHC(Large Hadron Collider)を進めてきた。

 全長約27キロとされる巨大なトンネルシステムの中では、加速器の衝突実験が展開され、ビッグバンの原因解明などが期待されている。あまりの規模の大きさゆえ、そうした内部の状況を人間が把握するのは、困難を極めるが、現地時間25日、それらを監視する移動体「TIM」の存在が映像で明かされた。

 TIMと名付けられた大型ハドロン・コライダーは、天井に取り付けられたモノレール構造を使って、時速約6キロでトンネル内を移動し、その構造、温度、および酸素の割合を監視し、それらパラメーターをコントロールする。

 同機はまた、放射線マッピングを行うことも可能。オペレータに対して、視覚的な映像に加え、赤外線画像を提供することもできる。LHC内部をパトロールするTIMは2機。今回公開された映像では、TIMがトンネル内部を動作する様子が、鮮明に映し出されている。

《KT》

関連ニュース

特集

page top