人が乗れる人型変形ロボット、ついに実現!? メカデザイン協力に大河原邦男 | RBB TODAY

人が乗れる人型変形ロボット、ついに実現!? メカデザイン協力に大河原邦男

ソフトバンクグループのアスラテック、三精テクノロジーズ、BRAVE ROBOTICSの三社は、共同で有限責任事業組合(以下、「LLP」)を設立し、乗用人型変形ロボット「J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)」の開発を合意したと発表しました。

IT・デジタル その他
「人が乗れる人型変形ロボット」ついに実現!?量産化も視野に入れ開発が本格化、メカデザイン協力に大河原邦男
  • 「人が乗れる人型変形ロボット」ついに実現!?量産化も視野に入れ開発が本格化、メカデザイン協力に大河原邦男
  • 「人が乗れる人型変形ロボット」ついに実現!?量産化も視野に入れ開発が本格化、メカデザイン協力に大河原邦男
ソフトバンクグループのアスラテック、三精テクノロジーズ、BRAVE ROBOTICSの三社は、共同で有限責任事業組合(以下、「LLP」)を設立し、乗用人型変形ロボット「J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)」の開発を合意したと発表しました。

人型(ロボットモード)と車型(ビークルモード)に完全変形可能な、全長約4メートルのロボット「J-deite RIDE」。ロボットモードでは二足歩行が可能で、ビークルモードでは人が乗って運転できるようになる予定としており、少年時代に夢見た完全変形ロボが形になろうとしています。


BRAVE ROBOTICSおよびアスラテックが参画する変形ロボット製造プロジェクト「Project J-deite」(https://j-deite.jp/)の一環として、2015年6月より「J-deite RIDE」の開発に着手。BRAVE ROBOTICSが主にハードウエアの設計・製作を、アスラテックが主にロボット制御システム「V-Sido」(ブシドー)によるソフトウエア開発を担当しています。

そしてこのたび、新たに三精テクノロジーズが「J-deite RIDE」の開発に加わることとなり、3社で「J-deite RIDE」の開発を加速させ、2017年中の「J-deite RIDE」の完成を目指し、テーマパークや各種イベントへの参加、一般企業のプロモーション活用などによる事業化を図るとしています。

さらに、三精テクノロジーズを中心に、量産化を視野に「J-deite RIDE」をベースにしたアミューズメントパーク向け乗用人型変形ロボットの開発を進めていく計画も明らかに。その一環として、2016年11月14日よりアメリカのオーランドで開催される世界最大級のアトラクション関連トレードショー「IAAPA Attractions Expo 2016」に、全長約1.5メートルのプロトタイプを出展します。

なお、「J-deite RIDE」の魅力向上のため、メカニックデザイナーの大河原邦男氏をメカデザイン協力として起用。大河原氏のメカデザイン協力は、「J-deite RIDE」のみならず、今後「Project J-deite」で製作される他のロボットにも反映される予定です。

◆「J-deite RIDE」仕様
■ロボットモード
サイズ(W×D×H):3.8×2.5×3.7(m)
車輪最高速度:30km/h
歩行最高速度:5km/h
最小回転半径:0m(超信地旋回可)
車輪駆動方式:2WD(差動駆動)

■ビークルモード
サイズ(W×D×H):1.8×3.9×1.4(m)
車輪最高速度:60km/h
歩行最高速度:-
最小回転半径:5m
車輪駆動方式:2WD(RR)

■共通仕様
車輪駆動原動機:電気モータ+減速器
本体重量:900kg
タイヤサイズ:175/80R16
乗車定員:2名
制御ソフト:V-Sido OS
操縦方法:内部コクピットからの有人操縦、または無線・有線による無人遠隔操縦
フレーム材質:アルミニウム合金等
外装材質:FRP等
動力源:リチウム系バッテリー等
関節駆動方式:電気モータ+減速器
関節数:30以上
変形所要時間:10秒以内

※現時点での想定スペックです。今後変更の可能性があります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
Copyright (C)2013 Asratec Corp. All Rights reserved.

「人が乗れる人型変形ロボット」ついに実現!?量産化も視野に入れ開発が本格化、メカデザイン協力に大河原邦男

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top