「アーロと少年」重要なサブキャラクター演じた松重豊、八嶋智人、片桐はいり インタビュー | RBB TODAY

「アーロと少年」重要なサブキャラクター演じた松重豊、八嶋智人、片桐はいり インタビュー

エンタメ その他

「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華
  • 「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華
  • 「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華
  • 「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華
  • 「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華
ディズニー/ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・ファタジー『アーロと少年』は3月12日(土)に全国公開。恐竜が文明と言葉を持つようになったIFの世界を舞台に、弱虫な恐竜アーロと怖いもの知らずの少年スポットの友情を描いた作品だ。その中でも強烈なインパクトを残すのは、アーロたちが冒険の途中で出会う強面のT・レックス一家だ。
大きな牙が迫力満点の父・ブッチ、好奇心旺盛なお調子者の弟・ナッシュ、お喋り好きでおてんばな姉・ラムジーは、アーロに怖さとの向き合い方を教えるキーパーソンである。今回は日本語吹替を務めた、松重豊さん、八嶋智人さん、片桐はいりさんにお話を伺った。舞台出身でテレビ・映画に出演するなど共通点の多い3人が、恐竜役をどのように演じたのだろうか?
[取材・構成:高橋克則]

『アーロと少年』
http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html

■ 声優はキャラクターそのものになれる

――『アーロと少年』は恐竜が絶滅しなかった世界を描いています。その設定にどんな印象を受けましたか?

松重
恐竜という生き物は子供を虜にする不思議な魅力を持っていて、私も小さいころ夢中になってました。「もし恐竜が生きていたら」なんて誰もが一度は想像を巡らせますよね。でも『アーロと少年』では、絶滅を免れた恐竜たちが自給自足の生活を送っていて、草食恐竜は畑を耕し、肉食恐竜は牛を飼いながら生きている。そんなこと普通は思いつかないよ(笑)。

八嶋
恐竜が現代に蘇ったのではなく、独自の進化を遂げて人のように過ごしているのも面白いです。一方で人類は言葉を話せず、まだ自然と共に暮らしている。恐竜と人間の立場が逆転しているというアイデアは後々のストーリーにも絡んできます。


八嶋
映像にも説得力があるんですよ。恐竜は手脚がきちんと地面に付いたデザインなので「どういう風に動くのだろうか」と疑問に思っていました。いざ映画を観たら、畑を耕したり子供を抱いたりする場面も「なるほど」と納得できるだけのアニメーションになっている。

松重
そういった描写に手抜きは一つもないよね。アメリカの壮大な風景も緻密に描かれている。

片桐
私が気になったのは、雲や木といった自然はリアルなのに恐竜たちは可愛いデザインだったことですね。一体なぜなのか監督に聞いてみたかった。

松重
やっぱりリアルを追及し過ぎるとエンタメから外れてしまうのが理由じゃないかな。生々しさにこだわると今度はグロテスクになってしまう。世の中には爬虫類系が苦手な人もいますから(笑)。確かにキャラクターはデフォルメされていますが、カメラが寄ったときの肌の質感はとてもリアルで恐竜ファンも大満足の仕上がりでした。

八嶋
あと恐竜って本当は何色だったか分からないと言われていますよね。草食は緑系、肉食は茶色っぽいイメージがありますが、もしかしたらカメレオンみたいな色かも知れない。

片桐
ラムジーはピンク色で少し斬新ですよね。

八嶋
ピンクの色使いも巧みで、うっすらと桜がかっている。その匙加減も良い味を出してます。

――皆さんはT・レックスの一家を演じました。オファーを受けたときの感想はいかがでしたか?

松重
小劇場の出身である私たち3人を恐竜一家に据えたキャスティングがまた絶妙だなと。小劇場というのはその名の通りステージが小さいので「俺は宇宙人だぞ!」と言い切った瞬間に宇宙人になれるんです。そういった環境でこれまで戦ってきましたから、恐竜役と聞いたときも驚きはありませんでした。ただブッチは一家の父親で、カッコいいセリフが多いキャラクターなんです。強そうなだけでは彼の魅力は伝わらないし、かといって説教臭くなってしまってはいけない。そのバランスをどうしようか様々なパターンを試しました。

八嶋
テレビアニメのレギュラーをしていたときに、骨格がキャラクターと近い人の方が芝居に合いやすいと教わりました。ナッシュはアゴが特徴的なので顔マネをしながら練習しましたよ。

片桐
私は声優自体が初めての経験で、音響監督から「恐竜は肺が大きいんです。その肺活量を意識してお芝居をしてください」とアドバイスされたことが印象に残っています。アフレコでは頭の中に肺を思い浮かべて「きっと息は臭いんだろうな」と考えてみたり、恐竜が生きていた古代をイメージしたりして世界観に入り込みました。

八嶋
(笑)。はいりさんが初めてと聞いてビックリしました。本物のラムジーにしか思えなかったですから。イメージが大事というのは演劇といっしょですね。



――演劇とアニメーションではお芝居にどのような違いがあるのでしょうか?

八嶋
アニメーションではキャラクターがすでにお芝居をしているんです。だから僕たちの方からキャラに寄り添っていく必要がある。自然と一人で芝居をするときと違う感覚が生まれてきます。その代わり、役にハマるとすごく気持ちいいんですよ。

松重
松重豊でも、八嶋智人でも、片桐はいりでもない。キャラクターそのものになれるんです。自分たちが顔を出して演じるのとまた違った喜びと面白さがあることは、声のお仕事を頂くようになって初めて気付きましたね。

八嶋
ディズニー/ピクサーは要求されるお芝居のレベルも高いんです。目線のやりとりでちょっとした瞬きを入れたり、呼吸を交えたりと非常に細やかです。それにオリジナルは英語なので、日本語の喋り方とは異なる部分も多い。たとえば否定するときは頭に「No!」と付けることが多く、日本語では声と動きをシンクロさせるために倒置法を取り入れたりもする。そういった翻訳の部分も原語に上手く馴染ませてあります。

松重
それらを摺り合わせて、向こうのリップに芝居がマッチした瞬間は鳥肌が立つんだよね。もう自分の声じゃなくて完全にブッチの声になったと実感できる。役者にとって究極の喜びは「本物にしか思えなかった」と言われることです。そこを最終的に目指しているので、自分が恐竜の影に隠れてしまった方が、してやったりな気分になります。『アーロと少年』のアフレコは一人ずつの収録でしたが、それもちゃんと意味があってのことなんですよ。私たちがこうやって一つに集まってしまうと、どうしても3人が自分の空気を作ってしまう。それでも芝居は成り立ちますが、やはりT・レックスの一家にはなりません。アフレコを別撮りしたがゆえに映画では僕らは消えてしまって、恐竜同士のお芝居が生まれたんだと思っています。

■ コメディはカートゥーンから学んだ

――ディズニー/ピクサー作品にはどう接してきましたか?

松重
唐沢寿明君と一緒に芝居をしているとき「CGのアニメで声をやったんで子供と観に行ってよ」と招待券をもらいました。その作品が『トイ・ストーリー』だったんです。それから20年以上、子供の成長と一緒に作品を観続けてきました。

八嶋
僕は『モンスターズ・インク』を観たとき、「このレベルの作品がフルCGで作れるなら、役者は必要なくなるんじゃないか」とショックを受けました。しかもNG集まで付いていて、キャラクターが本当にミスをして素に戻ったようにしか見えない。「こんなことをされてしまったら生身の人間なんていらないじゃん!」と恐怖しましたよ(笑)。

片桐
私も映画館で働いていたとき、毎年夏にディズニー作品を上映していたので必ず観ていました。私たちの世代はディズニーに限らず、アニメーションの動きにかなり影響を受けた世代だと思っているんですよ。人間よりアニメーションの芝居を舞台に逆輸入した部分が大きいと思っています。

松重
それは分かるなぁ。私たちはバスター・キートンやチャップリンといった喜劇役者よりは、むしろ『トムとジェリー』などアメリカのカートゥーンによってスラップスティックを植え付けられた世代なんですよ。

八嶋
劇団でもカートゥーンのような芝居をやりたいという気持ちが強いですよね。頭の中ではアニメキャラのように足がクルクル回転したり、体がビヨーンと伸びたり……。

片桐
驚いたときにガーンと顎が外れたりね(笑)。そういうことをイメージしているんです。

松重
コントやギャグなど、ズッコケの基本はアニメーションから学びました。

片桐
ミッキーマウスたちから影響を受けたことは多いですよ。


――『アーロと少年』でお気に入りの場面を教えて下さい。

松重
やっぱり冒頭シーンですよ。恐竜を絶滅させるはずだった隕石が地球を素通りして、恐竜たちがフッと振り返る。あの場面には思わず笑っちゃったよ。

片桐
もっと盛り上がるシーンなのかなと思ったら意外にあっさりしてて(笑)。

松重
今回はコミカルな作品なんだなと安心して膝を崩したら、本編は笑うどころか色々と考えさせられるストーリーになっている。そこは映画を観てからのお楽しみというところで(笑)。だけど『アーロと少年』はあれだけの大冒険を繰り広げておきながら、意外にサッと終わるんですよね。何だか「ここから先は私たちが考えていくんだよ」と言われているようで、オジさんの涙腺が刺激されました。そういった想像力にも働きかけてきます。

八嶋
僕は『カールじいさんの空飛ぶ家』が大好きなんです。普通の作品だったら「年を取っていても冒険に出よう」というところで終わってしまうものですが、ディズニー/ピクサー作品はもう一歩先に踏み込んだ世界を見せてくれる。『アーロと少年』も未熟な主人公が旅に出て成長するという、それこそ神話の時代から受け継がれてきたオーソドックスな構造ですが、本編ではもう一個大きな成長が描かれている。本当の強さとはこういうことなんだと実感できる物語になっていますよ。

片桐
言葉が通じないアーロとスポットが冒険を通じて友情を培っていく。その中で二人が出会うものがきめ細かく描かれていて、そこに注目すればまた違った何かを感じ取れるのかなと思いますね。

八嶋
父親という存在も重要なものとして描かれていまね。アーロのお父さんの言葉を聞くと「アメリカという国も様々なことを模索しているんだな」と大人は感じてしまう。もちろん子供たちはそんな難しいことを考えなくても、純粋に楽しむことができる。

松重
本編前に流れる短編アニメーション(『ボクのスーパーチーム』)もオリエンタルな世界観が楽しめて面白かったよね。『アーロと少年』のピーター・ソーン監督もアジア系ですし、そこが僕らにも響くところなのかなと。

八嶋
監督は『カールじいさん』の少年・ラッセルのモデルなんだよね。

片桐
本当にそっくりでビックリした!

八嶋
『アーロと少年』でも声優を担当していますし、ピクサー社内ではムードメーカーなのかも知れないですね。僕たちにもフレンドリーに接してくれて、ああいう人柄だからこそ作品にも温かさが生まれるんだなと感じました。

――本日はありがとうございました。


『アーロと少年』
3月12日(土)ロードショー
(c)2016 DISNEY / PIXAR.

「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華

《高橋克則》

関連ニュース

特集

page top