最先端のテクノロジーアートを考える!「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」開催 | RBB TODAY

最先端のテクノロジーアートを考える!「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」開催

エンタープライズ フォトレポート

最先端のテクノロジーアートを展示する「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」が開催
  • 最先端のテクノロジーアートを展示する「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」が開催
  • Rhizomatiks Architecture「SPACE EXPERIMENT #001」
  • 名和 晃平 + ダミアン・ジャレ「Vessel(上映)」
  • 六本木ヒルズ 六本木ヒルズけやき坂「Counter Void」
  • 水口 哲也 + Rhizomatiks Architecture + Keio Media Design「Rez Infinite - Synesthesia Suit」
  • THE NORTH FACE × Spiber with EUGENE KANGAWA「MOON PARKA with SANSUI」
  • 近藤 玄大 + 山浦 博志 + 小西 哲哉 [exiii]「handiii / HACKberry」
  • 平川 紀道 × LEXUS「the view [ for LEXUS LF-LC ]」
最先端のテクノロジーアートを展示する「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」が、2月26日から3月21日まで都内各所で開催される。

「MEDIA AMBITION TOKYO」は、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで実装するリアルショーケース。第4回となる今回は、六本木を中心に、青山、銀座、飯田橋、御茶ノ水、お台場、天王洲といった都内各所にて、最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、ハッカソン、トークショーなどが実施される。

六本木ヒルズ 森タワー52階の東京シティビューでは、アーティストと企業による新しい都市実験の場「MAT LAB」が開催。自己認識と身体感覚の新しい体験ができる「The Mirror」や、革命的な電動義手「handiii / HACKberry」、3Dホログラムで追求する映像実験「3d laser mist hologram(仮)」など全11作品が展示される。また、ウェストウォーク2階には2月16日から29日まで、アーティストのダグラス・ディアスとRhizomatiks Architectureによる身体データを可視化した作品「Everything is as it is」が登場。けやき坂では3月11日から13日まで、2011年3月13日の消灯から5年ぶりとなる宮島達男の「Counter Void」の再点灯など、未来の生き方や人間のあり方を考えるイベントは開催される。

その他、天王洲の寺田倉庫にて、名和晃平とダミアン・ジャレによる未定美術と舞台芸術、二つの世界をつなぐ身体の映像作品「Vessel」の上映や、水道橋のチームラボのオフィス体験ツアー、代官山 蔦屋書店の体験型アートの展示会、青山のレクサス(LEXUS)による先進的なモーションライティングなどが行われる。

また、各会場にてトークイベントも開催。3月3日の19時からは、六本木ヒルズにて水口哲也と斎藤精一のトークイベント「デジタルとリアルの新たな身体性(仮)」を開催。3月15日の19時からは平川紀道と谷川じゅんじによる「人間の感性とテクノロジーが切り開く、表現の新しい地平(仮)」も実施される。3月13日の16時からは、宮島達男、名和晃平、谷川じゅんじによる「時の経過がアートにもたらすもの(仮)」など都内各地で全7件のトークイベントが行われる。

なお、イベントの開催期間は作品によって異なり、一部の閲覧には入場料が必要となっている。

【イベント情報】
「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」
会場:六本木を中心に青山・銀座・飯田橋・御茶の水・お台場・天王洲等、都内各
会期:2月26日~3月21日(※各会場によって異なる)

テクノロジーアートの祭典「MEDIA AMBITION TOKYO 2016」、六本木ヒルズなど都内各所で開催

《HEW》

関連ニュース

特集

page top