六本木ヒルズでドイツのクリスマスマーケットを再現! | RBB TODAY

六本木ヒルズでドイツのクリスマスマーケットを再現!

エンタメ その他

六本木ヒルズ「クリスマスマーケット2014」
  • 六本木ヒルズ「クリスマスマーケット2014」
  • 六本木ヒルズ限定出店「ケーテ・ウォルファルト」のオーナメント
 六本木ヒルズで、「クリスマスマーケット2014」が開催されている。ドイツのクリスマスマーケットを再現したもので、ドイツ大使館が後援している。

 7年前より毎年開催されてきた、六本木ヒルズの「クリスマスマーケット」は、世界最大といわれるドイツ・シュツットガルトのクリスマスマーケットを再現している。ドイツでは、12月1日頃からクリスマス当日までの期間を“アドヴェント(待降節)”と呼び、クリスマスマーケットなどでクリスマス商品を購入して準備をする慣習があり、クリスマスまでの雰囲気が盛り上げられる。

 六本木ヒルズも、「クリスマスマーケット2014」期間中、もみの木のガーランド、サンタクロースやトナカイといった素材で装飾された、色とりどりの賑やかな屋台が立ち並び、クリスマスムード一色に包まれる。会場では、約1,000種類以上ものクリスマス雑貨や、ソーセージやプレッツェル等の本格的なドイツ料理が販売される。

 この企画はドイツ大使館が後援していることもあり、ドイツソーセージやグリューワイン、バウムクーヘン、プレッツェル、シュトーレン、ドイツビールなど、本格的なドイツ料理が楽しめる。また、販売されるクリスマスオーナメント、ドイツ木工品、クリスマスリース、キャンドル、おもちゃ、ガラス細工などのクリスマスグッズもドイツ風 “アドヴェント”を意識したもの。このほか、世界的に有名なドイツのクリスマス専門店「ケーテ・ウォルファルト」の出店もあり、日本での出店は、この時期の六本木ヒルズのみとなっている。

 六本木ヒルズ「クリスマスマーケット2014」は、12月25日まで、ヒルズ内大屋根プラザで実施されている。
《》

関連ニュース

特集

page top