NTTアイティ、「ひかりサイネージ」がiPadに対応……新CMSと同時に新販売 | RBB TODAY

NTTアイティ、「ひかりサイネージ」がiPadに対応……新CMSと同時に新販売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

オンデマンド操作画面
  • オンデマンド操作画面
  • インタラクティブ機能操作画面
  • 権限設定操作画面
  • 分散配信設定画面
 NTTアイティは4月17日、iPadをデジタルサイネージ端末として使用できるクラウドサービス「ひかりサイネージI-I(アイ-アイ)モデル」と、大規模導入ニーズに対応した新型CMS「ひかりサイネージCMSv3」を発表した。4月21日から販売を開始する。

 NTTアイティでは従来から、Android対応の「I-Aモデル」、Windows 7 PC対応の「I-Wモデル」を販売しており、I-Iモデルの発売で、自社に導入済みのiPadなどの活用も可能となる。今回iOS対応のプレイヤーアプリを用意し、静止画、音声付き動画コンテンツおよびURLを素材としてプレイリストを作成し、指定したスケジュールに基づいて放映可能とした。

 また利用者がタッチ操作で見たいコンテンツを個別に指定して再生できるオンデマンド機能も実装されている。コンテンツ毎に別々のアクション、1つのコンテンツに複数のアクションが設定可能。iOS7が動作するiPad(iPad Air、iPad2)に対応する。

 あわせて発表された新CMS「ひかりサイネージCMSv3」では、システム管理者とは別に、日々の運用を担う操作者として“標準ユーザー”を複数名作成できる(初期設定では4名)。またVPNユーザーから要望のあったトラフィック分散配信が実装された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top