1月1-2日の天気に注意 北日本の日本海側を中心に、風、波、雪 | RBB TODAY

1月1-2日の天気に注意 北日本の日本海側を中心に、風、波、雪

ブロードバンド テクノロジー

気象庁のホームページ
  • 気象庁のホームページ
 2014年1月1日の天気は、北陸や北日本の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、2日朝にかけて続く見込みだ。海は大しけとなる所があるだろう。気象庁が1日、発表した。

 気象庁によると、北日本では雪が強まっているところがある。1日夜から2日明け方にかけて、北陸地方と北日本日本海側を中心に、大雪となると予想する。2日6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、北海道地方、東北地方、北陸地方などで60センチになる見込みで、その後も降雪は続くという。

 また1日は、東北日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となるため、気象庁では落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意を呼びかけている。いっぽうウェザーニューズによると、太平洋側では日差しが届き、「初詣にぴったりな陽気」になるという。
《高木啓》

関連ニュース

page top