日本人クリエーターが手がけた『モンスターズ・ユニバーシティ』コンセプトアート公開 | RBB TODAY

日本人クリエーターが手がけた『モンスターズ・ユニバーシティ』コンセプトアート公開

エンタメ 映画・ドラマ

堤氏が手がけた『モンスターズ・ユニバーシティ』コンセプトアート (C) 2013 Disney/Pixar
  • 堤氏が手がけた『モンスターズ・ユニバーシティ』コンセプトアート (C) 2013 Disney/Pixar
  • ピクサー・アニメーション・スタジオ 堤大介氏
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』 (C) 2013 Disney/Pixar
 今年、夏休み映画として大ヒットを記録したディズニー・アニメ『モンスターズ・ユニバーシティ』。本作の製作に参加した日本人アート・ディレクター、ピクサー・アニメーション・スタジオの堤大介氏が製作初期に手がけたコンセプトアートが特別公開された。

 堤氏は映画内で使われる色の台本カラースクリプトを担当。色と光によって映画全体のストーリーをサポートした。公開されたコンセプトアートには、モンスターズ・ユニバーシティを背景に、サリーとマイクがカラフルに描かれている。

 このコンセプトアートは11月20日に発売されるディズニーの新しいパッケージ商品、「『モンスターズ・ユニバーシティ』MovieNEX」のデジタルコンテンツ「MovieNEXワールド」のひとつとして、11月20日から26日の期間限定でダウンロード可能。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top