スズキのコンセプトバイクは、可視光通信でしゃべる……東京モーターショー | RBB TODAY

スズキのコンセプトバイクは、可視光通信でしゃべる……東京モーターショー

 カシオ計算機は10月29日、同社の可視光通信技術が、スズキのコンセプトバイク「EXTRIGGER(エクストリガー)」に採用されたことを発表した。11月22日~12月1日に東京ビッグサイトにて開催予定の「東京モーターショー」で展示される予定。

ブロードバンド その他
「EXTRIGGER」外観
  • 「EXTRIGGER」外観
  • 「ピカピカメラ」利用イメージ
 カシオ計算機は10月29日、同社の可視光通信技術が、スズキのコンセプトバイク「EXTRIGGER(エクストリガー)」に採用されたことを発表した。11月22日~12月1日に東京ビッグサイトにて開催予定の「東京モーターショー」で展示される予定。

 「可視光通信」は、人間の目に見える光の点滅でデジタル信号を伝える通信技術だ。カシオでは、この技術を応用したスマートフォンアプリ「ピカピカメラ」を公開している。「ピカピカメラ」は、特定の光の点滅にカメラを向けることで、可愛いフレームやアイテムで写真を撮ったり、コレクションしたり、自分の作ったメッセージや可愛いアイテムと一緒の写真を、ピカピカの画面点滅でその場で、相手に届けることのできるアプリとなっている。

 スズキ「EXTRIGGER」は、「第43回東京モーターショー2013」にスズキが出展する、小型電動バイクのコンセプトモデル。情報発信機能を搭載するにあたり、装備が容易でスマートフォンで手軽に受信できることから、カシオの可視光通信技術を採用した。

 「EXTRIGGER」では、前面と後面2か所に搭載された可視光通信専用の発光装置が点滅して情報を発信。スマホアプリ「ピカピカメラ」を起動させ、スマートフォンを向けて光の点滅を読み取ると、スマートフォンの画面にバイクから吹き出しが出る形でメッセージが表示されるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top