引き続き脆弱性を悪用する攻撃が猛威 5月 | RBB TODAY

引き続き脆弱性を悪用する攻撃が猛威 5月

ブロードバンド セキュリティ

5月における検知会社数ランキング
  • 5月における検知会社数ランキング
  • 5月における検知データ数ランキング
  • 5月における検知マシン数ランキング
マカフィー株式会社は6月16日、2013年5月のサイバー脅威の状況を発表した。本レポートは、同社のデータセンターで把握している情報をもとにトップ10を算出し、同社の研究機関であるMcAfee Labsの研究員が分析をしたもの。PCにおけるウイルスの脅威傾向では、5月も脆弱性を悪用したドライブ・バイ・ダウンロード攻撃に関連した脅威がランクインした。最初の段階で使用されるJavaScriptによる不正なリダイレクトが「JS/Redirector.ar」(検知会社数1位)、「JS/Exploit!JNLP」(同3位)、「JS/Exploit-Blacole」(同6位、7位)、「JS/IFrame.gen.j」(同8位)とランキングの半数を占めた。

ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃では、最終的に偽セキュリティソフトウェアや、Zeusといったオンライン金融サイトの認証情報を盗むトロイの木馬、ZeroAccessといったルートキット機能をもつマルウェアなどに感染する事例が多く報告されている。実際、検知会社数5位の「FakeAlert-WinSebSec!env.h」は偽セキュリティソフトウェアであり、10位の「ZeroAccess.b!env」ZeroAccessの一亜種。こういった攻撃では、Internet Explorer、Adobe Reader(PDF)、Adobe Flash、JRE(Java Runtime Environment)といった脆弱性が悪用されている。

引き続き脆弱性を悪用する攻撃が猛威--5月度レポート(マカフィー)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top